曽根歯科は地域密着型の歯医者さん 武蔵境駅から徒歩5分です

曽根歯科医院お問い合わせは0423-32-3612
診療の流れ|診療スケジュール|院内の様子|地図・アクセス方法|よくある質問

歯周病治療

診療科目

正しい知識とお手入れが大切です。

歯周病治療とは?

歯肉炎の治療や歯石除去を行い、健康な歯茎を取り戻す為の治療です。

歯周病とは、歯の表面にプラーク(歯垢)が溜まり、その中の歯周病菌が増殖することによって起こる病気です。
この歯周病菌は、常に口の内に存在していますが、一度、歯肉に付着してその数を増すと、白血球が
このバイ菌を駆除しようとします。この白血球とバイ菌が闘っている状態が歯茎の炎症で、これが歯肉炎です。

歯周病治療これは歯周病の初期症状で、放置したままにすると細菌の数が増え、白血球が歯周病菌に侵されてしまいます。そして歯周病菌が歯根の
表面に沿って侵入し、歯と歯肉の間に【歯周ポケット】と言われる溝を
作ります。又、骨は細菌に感染すると、からだ全体が病気になるのを
防ごうと、骨が溶けてしまいます。
その後、歯がグラグラとしはじめ、歯が抜け落ちてしまうか、抜かなくてはいけない状態になってしまいます。歯周病とは歯茎の病気であるのと同時に、骨の病気でもあるわけです。

この歯周病で気を付けなければならないのは、自覚症状が殆どなく、
気が付いた時にはかなり進行している場合があります。日本人の場合、40歳以上の成人の約8割が歯周病であるとも言われていますので、定期的な検診が大切です。

歯周病の症状

歯肉が健康な状態の時は、歯と歯肉の間の溝の深さは、2〜3mmと言われますが、
4o以上の深さのところは、基本的に歯周病の可能性があります。
もし、以上のような症状がみられる方や、口臭が気になる方はお早目にご相談ください。

近年、歯周病と全身疾患、糖尿病との密接な関係が明らかにされてきました。歯周病の原因菌は、
口から体内に進入することで、様々な疾患を引き起こすこともあります。
体内に細菌が侵入する経路のほとんどは、口や鼻を通して体内に侵入しますので、
口の中を常にきれいにし、歯周病を治療・予防することは、全身疾患の予防にも繋がります。
また、義歯に付着する汚れも、歯周病の細菌とほぼ同じです。義歯をきれいに保つことも
全身の健康のためにはとても重要なことです。

曽根歯科医院へようこそ
営業時間のご案内