曽根歯科は地域密着型の歯医者さん 武蔵境駅から徒歩5分です

曽根歯科医院お問い合わせは0423-32-3612
診療の流れ|診療スケジュール|院内の様子|地図・アクセス方法|よくある質問

一般歯科

診療科目

痛くなる前に治療をしましょう。

一般歯科とは?

主に虫歯の治療を行います。当歯科では患者さんの歯の状態をしっかり把握し、できるだけ削らず
元の歯を生かす治療を行っています。また、重度の虫歯の場合でも歯を極力抜かないよう、様々な技術、
経験を生かし、十分な説明をした後、的確な治療をいたします。
「歯の健康=体の健康」と言っても過言ではありません。
一本でも多くの歯を残し、患者さまが豊かで健康な生活を送れるようお手伝いいたします。
また知覚過敏(しみる)の症状や、口内炎などお口の中の不快な症状でお困りの方もご相談ください。

虫歯の原因

虫歯は細菌が出す酸によって歯の一番かたいエナメル質を溶かしてしまうことからはじまります。
そのあとエナメル質よりもやわらかい象牙質、歯髄へと進行します。この段階になると歯が痛みだします。

虫歯の第一段階

歯歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白く濁っていたり、茶色などに変色してザラついてきたりします。まだ穴のあいている状態ではありません。

●治療法

まだ浅い虫歯の状態です。これ以上進行しなければ
削る必要はありません。
ブラッシングを毎日きちんと行い、定期的にフッ素などの
薬を塗る治療を行います。

虫歯の第二段階

歯象牙質の層にまで進行し、穴があいている中度のむし歯です。
冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。
固いものなどを強くかむと痛むこともあります。

●治療法

虫歯菌が神経にたどりつく前に
削って型取りをし、部分的な詰め物を入れます。
詰め物は金属やセラミック、ハイブリット(白色系)が
あります。

虫歯の第三段階

歯むし歯の第三段階(ウ蝕第3度)で、むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達した深在性ウ蝕です。
炎症を起こしたりすると、とてもはげしい痛みをともないます。

●治療法

神経の処置が必要です。
歯の根っこに、バイ菌を殺す薬を入れ、完全にキレイになった段階で根っこにつめもの(防腐剤の薬)を入れます。
その後歯に被せ物をします。被せ物は金属、白いものなど
選べます。

虫歯の第四段階

歯歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。
このままにしておくと歯髄が化膿や腐敗を起こしてしまいますので根管治療が必要になります。

●治療法

この段階になると、残念ですが
抜歯となります。
抜いた後は入れ歯や、ブリッジ、インプラントなどを用い、
歯の機能回復をします。
一番いけないのは、抜歯が怖いからと我慢をして
放っておくことです。最近の研究では、虫歯菌が血管を通り
体中に回り、全身疾患を引き起こす原因とも
言われています。

曽根歯科医院へようこそ
営業時間のご案内